美容に効果の高い大豆を食べよう

大豆は良質な脂肪や植物性タンパク質が豊富で栄養バランスに優れている健康的な食材といわれています。
そして健康的なだけでなく美容にも良いともされます。

大豆は女性の味方

大豆が美容に良いといわれるのは、大豆に含まれるイソフラボンが理由です。
イソフラボンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きをし、コラーゲンの生成を助けたり女性特有の疾患の発症を抑制する働きもあります。
イソフラボンは新陳代謝を促し肌の調子を整えたり、薄毛や髪のパサつきを改善したり、女性らしい身体つきを保ったりといった働きが期待できます。
ほかにも、アンチエイジングや更年期障害の緩和にも有効であるとされています。

特におすすめなのが「枝豆」です。
枝豆と大豆は別の豆と思っている人も少なくないかもしれませんが大豆を成長途中の未熟な時に収穫したものが枝豆で、そのまま収穫せずに成長させると大豆となります。
枝豆には大豆には少な目なビタミンAやCが豊富に含まれています。
また枝豆は大豆よりカロリーが低いのでダイエットに向いているので女性にはうれしいですね。

ヘアケアPR☆:haruシャンプー 口コミ

大豆の摂り過ぎに注意

そんな栄養たっぷりの大豆ですが、身体にいいからと摂り過ぎるのはNGです。
というのも、イソフラボンは過剰摂取すると子宮内膜症や乳がんの発症のリスクを高めるといわれているからです。
したがって、イソフラボン1日の摂取量の上限である70~75㎎以内をキープしましょう。
納豆1パック(50g)に35㎎、豆腐1丁(300g)には60㎎、豆乳1パック(200ml)には50㎎のイソフラボンが平均して含まれているとされているので、目安にしてください。
また、大豆は一度にたくさん食べるのではなく数回に分けることやいろいろな種類の大豆製品を食べること、そして豆のかたちをしたままの大豆製品のほうが好ましい点も知っておくといいでしょう。

大豆は夜食べよう

肌の活性化が進むのは眠りについてからの2~3時間で、これは「お肌のゴールデンタイム」といわれます。
したがって、美容に良い大豆は夜に食べるほうが肌の活性化や成長ホルモンの分泌に有効です。
特にビタミンBなど美肌作りに効果的な納豆は朝食より夕食に食べるほうがおすすめです。

美容PR:ミューノアージュ