大人ニキビは思春期ニキビよりやっかい

大人ニキビは思春期ニキビと違って洗顔をしっかりすれば治るというものではありません。
むしろ適切な処置をしなければさらに悪化する可能性が高いです。
だからこそ、でき始めたときにしっかり対策を取る必要があるのです。

思春期ニキビは洗顔だけでも治せる

思春期ニキビでよく見られるのは、白ニキビといわれるニキビ部分が白く吹き出状態になっている症状です。
これは過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって塞がってしまったのが原因です。
したがって、皮脂汚れを洗顔でしっかり洗い流すことでニキビ対策はある程度可能となります。

美容PR:保湿 化粧水 ランキング

大人ニキビの原因は複雑

しかし、大人ニキビは多少事情が異なります。
というのも、原因が必ずしも皮脂が毛穴に詰まったためにできているためとは限らないからです。
大人ニキビができる原因としては、乾燥肌や生活習慣、食生活、ストレス、運動不足などが挙げられ、それらが重なって生じている場合も少なくありません。
大人ニキビができた原因をしっかり認識して、それを取り除かなければなかなか完治するのは難しいでしょう。

すぐに対処しないと大変な事態に

ニキビができたまま皮脂が毛穴に長時間詰まっていると、皮脂は酸化してしまいます。
酸化した皮脂は買酸化物質になり、黒く変色します。
すると目立ちやすくなりますし、見た目もより悪化します。
さらにそのまま対策をしないでおくと、ニキビの原因であるアクネ菌が皮脂を食べて異常繁殖しどんどん悪化の一途を辿るといった事態で、取り返しがつかなくなってしまう場合もあり得ます。
症状が進むと見た目がよくないだけでなく、肌が炎症を起こして痛みがでることもあります。
さらに悪化すると肌の組織が破壊され、表面がクレーター状にボコボコになったり、黄色くなったりしてしまいます。
こうなるとはっきり言って手遅れで、元通りの肌に戻すのは困難です。

大人ニキビは思春期ニキビと比べて複雑なので、より慎重な対応が必要であると認識しましょう。
そのために重要なのが、できた初期段階からしっかりとケアを始めることです。

広告PR:保湿 化粧品 ランキング